<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
冬ながら


○原文
雪のふりけるをよみける  きよはらのふかやぶ
冬ながら 空より花の ちりくるは 雲のあなたは 春にやあるらむ

○訳
冬なのに空からひらひら花が舞い落ちてくるなんて、きっとあの雲の彼方には、柔らかな春が眠っているのでしょう

「古今和歌集/巻第六/冬歌」
(引用:角川日本古典文庫「古今和歌集」/窪田章一郎校注)
上記校注を元に、ちよ。が勝手に訳。
| 古今和歌集 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://kyaiboo814.jugem.cc/trackback/5